今まではFuji Film S602を使った撮影でしたが、ここから下がNikon D70Sでの撮影になります。

大きな画像を表示させて、どうかじっくりとご覧下さい。

【眼力】
山口県の常盤公園です。日本内のコブ白鳥は大体ここの生まれなんだそうです。D70Sの質感は自然な感じで素晴らしいです。

【ごきげん♪】
オカメインコの鷲の介です。扇風機の上に止まったところを撮りました。手を出したら飛んできますし、僕の声の真似なんかもしてとてもかわいいやつですよ。

【聞き耳】
実家のクーちゃんです。よく聞いてないですが、多分雑種ではないかと思います。シェパードの血が入ってるような気も…。
かわいすぎる(親バカ)。

【緑のもみじ】
こういう葉の質感は今までに出せなかったものです。撮影はRAW+BASICで行っていますが、RAWは思い通りの質感に現像できるのでとても重宝しています。

【一休み】
水の質感はすごく好きです。右に見えるものは白鳥のボートです。公開してないですが、本物の白鳥との2ショット写真も撮ってます。

【強奪(笑)】
白鳥のエサをおねだりしているところです。鳥の名前は分かりませんでした。。したたり落ちる水滴が気に入ってます。

【春の陽気】
猿山に置かれていた船の帆に登るお猿さんです。これがテレ端でした…。望遠が欲しい…。レンズ沼?(笑)

【避雷針?!】
山口県にある椹野(ふしの)川の河口に掛かる周防大橋です。三脚+リモートコントローラーで撮影しました。

Shinnosuke All Rights Reserved.
These photos are available for personal use only,
 not for business engagement.
Photographica
Photo by S602
【旅立ち】
これは空港の外から撮ったものなのですが、高いフェンスがあり、カメラだけをフェンスの上に出して盲目的に撮りました。アングルを自由に選べたらこんな切り取り方はしなかったと思うので、逆に面白いかも知れません。

【引き潮】
三脚を立てて干潟を撮ったものですが、現像にちょっと失敗か…。



【空の色】
水たまりのオブジェとバックの湖です。手前にはピントが合ってないようです…。絞りすぎると回折現象が起きますし、難しいところです…。


【夏の予感】
湖畔に立つ大きな松の木を下から覗きました。




【フレアよし!】
こういうモダンな建物はうちの周辺辺にはあまりありません(汗) このレンズはタムロンのAF 18〜200mm A14を使用していますが、気になるようなフレアやゴーストの発生もなく、いい感じです。


【西京】
山口県山口市にある瑠璃光寺です。S602でも撮っていましたが、D70Sで撮るとまた違った印象があります。




【コックリコックリ】
我が家のオカメインコの「鷲の介」です。眠そうなところがかわいいですよね(親バカ again)


【今日もおつかれさま】
工業地帯に沈む夕日です。実際はこんなに赤味がかってはなかったのですが、RAW現像時にトーンカーブを補正してより夕日らしく加工したものです。


Photo by S602
←デジカメ撮影術




【アヤメ】
山口県下関市にある東行庵のアヤメです。雨が少なかったためか例年より1週間ほど開花が遅れていて、このときも満開にはほど遠いという感じでした。。


【岩と赤とんぼ】
撮影は6月だったのですが、めずらしく?赤とんぼが出ていたので、岩にとまったところを撮りました。飛んでいる写真も挑戦したのですが、ピントがずれまくりでした…(ー_ー;)ウーン


【伝承すべきもの】
左の赤とんぼと同じく、山口県下関市にある長府庭園です。こういう味のある日本家屋は大好きなんですよ。



【仲直り】
アフラックです(違)。この少し前までカモが集団でアヒルに襲いかかっていたのですが(汗)、そんなことも忘れて、仲良く毛づくろいをしている最中です。


【うとうと】
眠そうな表情がかわいらしい、文鳥の「文ちゃん」です。小さいですが気は強くて、何倍も体の大きな「鷲の介」と対等に餌を奪い合っています(笑)

【まろ(笑)】
かなり反響の大きい「クーちゃん」です。シェパードなど猟犬の血が入っているような感じで、ものを投げると喜んで咥えて持ってきます(当たり前?)

【枯れ様】
上の長府庭園内にあった木です。枯れ方が面白かったので、手持ちで撮ってみました。


【酸素いっぱい】
同じく長府庭園にある池の鯉です。ほんとはもっとスローシャッターで撮りたかったのですが、三脚を立てられないところだったのでかなり手ブレしてました…。

【stand alone】
山口県防府市を流れる佐波川の下流で撮ったものです。周りの空間を大きく取って孤独感を強調させました。


【収穫期】
タムロンの90mmマクロレンズで撮影したものです。マクロレンズの被写界深度はかなり浅いので、こういう被写体の場合はピント合わせが至難の業です。

【橋脚】
どこの橋かお分かりでしょうか?ヒントは本州と九州を結ぶ…。
答えは次の週に(違)



【往来】
そうです。答えは関門大橋でした。手前の熱帯風の木がなんか不思議な感じですよね。



【白鳥のダンス】
白鳥と同じガンカモ目の仲間の黒鳥です。黒鳥は白鳥の若鳥かと思っていたのですが、実はそうではないっぽいです…。これは羽根を羽ばたかせた直後の動作を撮ったものです。羽ばたき動作の瞬間も撮っていたのですが、慌てていたためピントが合ってなく…(残念)。

【afterglow】
家の周りには少し車で走れば、こういう水田がいくつもあります。これをみてなつかしい思いを抱かれる方も多いかも知れませんね。




【用水路の夏】
山口県の佐波川べりを流れる用水路です。三脚(Velbon El Carmagne 630)を買ったうれしさに、ここら辺から絞った作品が多くなります(^^;)ゞ



【台風一過】
同じく佐波川の土手です。台風が去った後で、まだ雲がたくさん残ってます。




【河川敷】
川の中に三脚を持ち込んで撮ってみました。この三脚(エル・カルマーニュシリーズ)は、レバー式なので伸縮作業が楽でしかも早いです。


【旅情】
佐波川に掛かる鉄道(山陽本線)です。




【splash water】
なるべく遅いシャッタースピードで撮りたかったのですが、NDフィルターが手元になく、押しが足りないかも知れません。濃い水の色が気に入ってます。

【clothed in the evening glow】
空気感がお気に入りの一枚。これはタムロンの18-200の最望遠側付近で撮ったものです。なかなかいい描写力ですよね。


【日本家屋】
お気に入りの場所の一つ、下関市にある長府庭園です。こういう日本家屋ってなんとも言えず好きなんですよぉ。いつかこういう感じの家に住みたいなぁ…。


【庭園美】
その遠景です。タムロンの18〜200mmの手持ち撮影です。





【Gronhorm】
モーターショーでの一こま。モーターショーといいながら、中にはサニーなどの大衆車がなぜか大量に置いてありました…。これで500円は高いぞ(==; 写真はプジョーのWRCカーです。

【コーギー】
コンティニュアスAFに挑戦してみました。焦ってフレームを先にやりすぎてますが…。




【無機質な質感】
高圧電柱の無機質な感じがよかったので撮ってみました。







【Ride on !】
九州オフでの一こま。場所は九重です。近くの乗馬クラブ(恐らくエル ランチョ グランデ)のインストラクターのおねーさんと参加者の方々だと思います。
都会の喧騒を離れてのんびりと馬に揺られるのも気持ちいいでしょうね。

【ん?】
文鳥のひな(文ちゃん)です。小屋の掃除をしているときに、外に出していたのですが、残念ながらそのときに逃げられてしまい、貴重な一枚となりました。




【流れと苔と】
北九州市にある「菅生の滝」で撮ったものです。暗いほうが、シャッタースピードを稼げるので好きです♪






【明日もいい日】
夕日は全てを美しく変えてくれるのですごく好きな瞬間です。



【川の宝石】
整備された小川に夕日が反射しているところを撮ったものです。白飛びも比較的抑えられていると思います。

【青春の思い出】
潮の音が聞こえて聞こえてきそうです。これは砂浜に三脚を持ち込んで撮ったものです。


【輝き】
関門海峡にきれいな光が差し込んでいるところを撮りました。ピントは手前の街灯に合わせてあります。


最新の写真は「写真掲示板」によく貼っています(←)。
お勧め写真はこちらにまとめています(←)。
デジカメ撮影術はこちら(←)。
2006年11月11日 写真を追加